別れさせ屋フリーダム

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

豊富な経験、確かな実績
  • 別れさせ屋フリーダム
  • 別れさせ工作
  • 別れ工作
  • 復縁工作
  • 出会い・お付き合い工作
  • 養育実績工作
  • ビジネス工作

別れさせ工作のご相談例について

様々なご相談例

一口に「別れさせ工作を依頼したい」と申されましても、別れさせたいカップル、別れさせたい相手、自分の置かれている状況はご相談者様人それぞれ全く違うものです。
別れさせ屋フリーダムのこちらのページでは、別れさせ工作に関してお寄せいただく様々な「別れさせたい」ケースのご相談をケース別に掲載し、その詳細とご注意点などを掲載させていただいております。
様々な「別れさせたい」というケースのご相談を見ることで、実際にどのような相談が別れさせ屋に寄せられているのか、多少なりともお分かりいただけるのではないでしょうか。
こちらのページをご覧の皆様の別れさせたいカップル、別れさせたい相手、自分の置かれている状況に近いものがあるかと思われますので、是非ご参考になさってください。


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル
お問い合わせメールフォーム
トップページ 別れさせ工作 別れ工作 復縁工作 出会い・お付き合い工作 養育実績工作 ビジネス工作 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ 工作可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

別れさせ屋の料金が高額な理由

完全成功報酬制とは

一部スタッフのご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ工作の様々なご相談例

付き合っている相手をその浮気相手と別れさせたい

別れさせ工作において最もポピュラーであり、皆様が「別れさせ屋」と聞いた場合にイメージされるものがこちらのケースとなります。

こちらのケースでは、「浮気相手がどこの誰かは分からないが、浮気をしていることだけはメールや通話履歴から確実」という場合があり、そのようなケースでは浮気相手がどこの誰なのかはっきりと分かっているケースと比較した場合に、まず浮気相手の特定調査が必要となります。 そのため事前調査期間が長く必要となる点にご注意ください。
そのようなケースでは、お付き合いされている相手の怪しい外出(怪しい飲み会など)の際に、弊社調査員が行動調査を行い、浮気相手を特定いたします。

結婚している相手(配偶者)を不倫相手と別れさせたい

こちらのケースも上記ケースと似たようなものですが、「結婚している(婚姻関係にある)」という点が違っております。

こちらのケースでも、「不倫相手がどこの誰かは分からないが、不倫をしていることだけはメールや通話履歴から確実」という場合があり、そのようなケースでは不倫相手がどこの誰なのかはっきりと分かっているケースと比較した場合に、まず不倫相手の特定調査が必要となります。 そのため事前調査期間が長く必要となる点にご注意ください。
そのようなケースでは、お付き合いされている相手の怪しい外出(怪しい飲み会など)の際に、弊社調査員が行動調査を行い、不倫相手を特定いたします。

自分が浮気相手であり、正式に付き合っている人物を別れさせたい(略奪愛したい)

状況としては最初のケースと同じものですが、ご相談者様の立場が逆の「浮気相手が自分」というケースがこちらとなります。

このようなケースで別れさせ工作の成功率を左右する最も重要なポイントは、「相手が付き合いたい本命は自分と正式に付き合っている人物のどちらなのか」というポイントとなります。
「実際には浮気相手(ご相談者様)と付き合いたいと思っているが、現在の相手と何らかの理由で別れられない」というような状況が、最も別れさせ工作の成功率が高くなります。
逆に、相手の本命はあくまでも正式に付き合っている人物であり、火遊びをしているだけというような状況が、最も別れさせ工作の成功率が低くなってしまいます。

自分が不倫相手であり、配偶者と相手を別れさせたい(略奪愛したい)

状況としては2番目のケースと同じものですが、ご相談者様の立場が逆の「不倫相手が自分」というケースがこちらとなります。

基本的に結婚(婚姻関係にある)という法的な縛りが存在し、生計を共にしているなどの理由から、婚姻前のカップルよりも別れさせる難易度は高くなり、また別れることが確定しても手続き上の問題で別れるまでに時間がかかりがちです。

このようなケースでも別れさせ工作の成功率を左右する最も重要なポイントは、「相手が一緒に居たいと思っている本命は自分と配偶者のどちらなのか」というポイントとなります。 「実際には不倫相手(ご相談者様)と付き合いたいと思っているが、現在の配偶者と何らかの理由で別れられない」というような状況が、最も別れさせ工作の成功率が高くなります。
逆に、このようなケースで最も難易度が高くなってしまうのが、「別れさせたい夫婦が割り切った関係にある」というもので、これは俗に言う「夫がATMで妻は家政婦」という関係です。 これは工作員による別れさせ工作を行ったとしても、相手側からのリアクションを望めないために別れさせる難易度がかなり高くなってしまいます。

また、「配偶者と相手を別れさせたい」というケースは、不倫が配偶者に発覚していた場合、別れさせることに成功しても慰謝料を請求される可能性があることにもご注意ください。

息子、もしくは娘を付き合っている人物と別れさせたい

恋は盲目と申しますが、親からすると「何故そんな人と付き合っているんだ」というようなこともございます。 その親の立場から「息子、娘を付き合っている人物と別れさせたい」というご相談がこちらのケースとなります。

理由は様々なものがあり、例えば「ギャンブルが好きで借金を抱えているため、結婚しても息子(娘)が苦労しそう」「交友関係が悪い」「兄弟が警察官なのに過去に犯罪歴がある人物と付き合っており、結婚されると兄弟の今後の昇進に問題がある」「バツイチ子持ちで養育費や不倫の慰謝料を払っている」などがございます。

このようなケースでは、別れさせたい相手(息子、娘さんと付き合っている人物)が大抵は自己に甘い人物であるために、他のケースと比べた場合、別れさせ工作の接触や工作の難易度が低めと判断されるような人物が多いことが特徴です。

別れさせ工作の難易度判定について

別れさせ工作の難易度判定に関わる事柄につきましては、以下のページをご覧ください。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル
お問い合わせメールフォーム

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
Copyright © 2007-2018 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved