別れさせ屋フリーダムは日本全国対応

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!

別れさせ屋フリーダムは日本全国のご依頼に対応いたします

日本全国対応

別れさせ屋フリーダムは日本全国対応です。
昨今では、日本全国対応の別れさせ屋も数多く存在しております。 しかし、弊社フリーダムは日本全国に対応しているというだけでなく、実際に1都1道2府43県、日本全国全ての地域からのご依頼をいただいてきた実績がございます。 また、地域別に見ますと、九州からのご依頼が増加傾向にあることも弊社の特徴かと思われます。
さらに弊社は日本国内のご案件だけでなく海外の様々な地域でのご案件にも対応しており、2016年現在ではベルギーとシンガポールからのご依頼実績がございます。
日本全国対応、海外対応を謳う別れさせ屋はあれど、実際に1都1道2府43県全てからのご依頼、海外からのご依頼をいただいたことがあるという業者はそう多くはないのではないでしょうか。


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。フリーダムの成功事例についてはこちら!
トップページ 別れさせたいお悩みの解決 別れたいお悩みの解決 復縁したいお悩みの解決 出会いや交際に関するお悩みの解決 結婚に関するお悩みの解決 養育実績に関するお悩みの解決 ビジネスに関するお悩みの解決 難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ サービス提供可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

確実に役に立つ!別れさせ屋の選び方

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

対応地域一覧

エリア総合ページ

同じ日本とはいえ、各地方、各都道府県によって気候や人柄など別れさせ屋が注意すべき点は大きく異なっています。 調査力や工作力はプロの別れさせ屋を名乗るのであれば備えていて当然のものですが、別れさせ屋フリーダムはそれに加えて各地域の気候なども考慮した調査員配置を行い、工作スケジュールを組んでおります。 台風・雨・雪といった悪天候は対象者の外出を控えさせてしまったり、外出時の行動を通常時とは変えてしまいますので調査や工作の際に対象者が家から出ないなどのイレギュラーな事態が起こりやすいのです。

北海道エリア

北海道 ※離島でも可能です。

北海道は札幌市内とその他地域の人口や町並みの違いが大きく、事前調査においては都市部での調査技術と過疎地域での調査技術の2つが求められる場所です。 過疎地域や離島では、如何に優秀な調査員であったとしても同一の調査員や同一の調査車両を使ってしまうと対象者に尾行や張り込みが発覚してしまうリスクが高まってしまいます。 そのため優秀な調査員が複数在籍しており、なおかつ調査員や調査車両の変更が可能である会社が安心です。

東北エリア

東北地方は中央に連なる奥羽山脈を境として日本海側と太平洋側で大きく異なる気候特性を持っていることが特徴です。 特に冬場は気候の違いが大きく、日本海側では曇りや雪または雨の日が多くなります。 そのため対象者の外出が減ってしまい、調査や工作が行いにくくなることに注意が必要です。 また傘や合羽、車両移動などで人相の判別が難しくなりますので、冬場の東北地方日本海側では悪天候時の調査と車両尾行に慣れた調査員が求められます。

関東エリア

関東地方は1都6県ございますが、他の地方と大きく異なる点がございます。 それは「東京通勤圏」の存在です。 千葉県や茨城県、埼玉県や神奈川県に住んでいる対象者が東京の会社や学校に通っていることもあり、事前調査を行う際にはラッシュ時間帯の凄まじい人混みの中で長時間の尾行を行うこともあります。 これは平成23年の社会生活基本調査の通勤・通学時間が長い都道府県ランキングで1位が神奈川県、2位が埼玉県と千葉県、4位が東京都であることからもお分かりいただけます。 場合によっては千葉県在住の対象者が埼玉県在住の人物と浮気をしているようなこともあり、都市部での尾行技術に優れた調査員が在籍している別れさせ屋でなければ、いつまでも対象者の足取りが掴めなかったり浮気相手や不倫相手を判明させることができなかったりということもございます。

中部エリア

中部地方、特に愛知県の名古屋周辺において最も難しいことの一つが事前調査時などの「名古屋走り」への対処です。 2018年時点で愛知県の交通事故死者数は15年連続で全国ワースト1位であり、車両尾行の難易度は他の地方、他の都道府県とは全く違うものとなっています。 運転技術・車両尾行技術に優れた調査員がいない別れさせ屋では、いつまでも経っても対象者の調査が終わらず、少ない情報で工作に臨むことになってしまったり、工作に進めないまま実働回数や依頼期間が終了してしまうということもございます。

近畿エリア

近畿地方には西日本の首都とも言える大阪府や人口の多い兵庫県などがあるために、別れさせ屋フリーダムでも関東に次いでご依頼が多い地域となっています。 そういった近畿地方の特徴は「人」「文化」であり、特に近畿地方内でも大阪府や京都府は「人」「文化」共に他の地方や都道府県とは大きく異なっております。 そのため大阪府や京都府での工作においては、大阪府であれば大阪府出身の工作チームリーダー、京都府であれば京都府出身の工作チームリーダーを中心として、可能な限り現地出身者で固めたチームを編成し、その地域特性を計算に入れたプランを練ることが成功率を高めることになるのです。

中国エリア

中国地方は工作を行う際に、その地域の気候を計算に入れておく必要があります。 山陰は日本海側気候のため冬には雪が多く、鳥取県の全域・島根県の内陸部・岡山県北部の一部・広島県北部の一部は豪雪地帯に指定されています。 また山口県や広島県などの西部では、梅雨に暖湿流の影響を受けやすく大雨となることもあります。 そういった天候・時期は対象者が外出を控えることも多く、調査や工作に行っても空振りに終わってしまう可能性が高くなってしまいます。 実動回数制の別れさせ屋であれば、何の収穫もないまま1回分が消費されてしまうのです。 そのため緊急を要する案件でなければ、依頼地域が悪天候になりやすい時期を回避する工作スケジュールを組むことによって料金を抑えることが可能になります。

四国エリア

四国地方は瀬戸内海側と太平洋側で大きく気候が異なっています。 とりわけ太平洋側である高知県の年間降水量は非常に多く、全都道府県の中で1位となっております。 高知県および徳島県南部は台風の襲来や集中豪雨もあり、そのため雨天時の調査に慣れた調査員を派遣する必要性があります。 また可能な場合には台風の多い夏から秋にかけてを回避するような工作スケジュールを組むことによって調査や工作の空振りを防げる可能性が高く、最終的な料金を抑えることが可能となります。

九州エリア

九州地方の特徴も「人」と「文化」となっています。 よく言われることは九州には酒豪が多いということと、他の地方に比べて男尊女卑の文化が残っているということです。 これはどちらも別れさせ屋が工作を行う上で注意しなければならないことであり、多くの場合で工作員にも酒豪を用意する必要があります。 工作時に対象者とお酒を飲むこともありますから、飲みながら確実な工作を行う必要性、そしてお酒による失言を絶対にしない工作員を選ばなければなりません。 過去には他社で失敗したというケースで、対象者とお酒を飲んだ際に工作員が失言したことによる工作発覚のご相談もございました。 男尊女卑の文化については特に年配の方に多く、そういった考えを持つ対象者にはその考え方に合った性格設定の工作員を近づけることによって工作の成功率が変わります。

沖縄エリア

沖縄県 ※離島でも可能です。

沖縄県で注意が必要なことは、対象者が米軍関係者や自衛隊関係者というケースが他県よりも多いことです。 アメリカ側からの強い要請があったために現在では米軍関係者の居住情報はセキュリティの問題から公表されておりませんが、沖縄県の米軍関係者の人数は約4万5千人~5万人程度と言われております。 やはり警察官や米軍関係者、自衛官は隊内の所属部署にもよりますが、一般人よりも警戒心が強いことが多いために、通常と同じような尾行や張り込みをすると警戒心を抱かせてしまう場合があるのです。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。フリーダムの成功事例についてはこちら!

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
© 2007-2021 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved