別れさせ屋フリーダム

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
  • 豊富な経験、確かな実績 完全成果報酬制の導入 安心と信頼の別れさせ屋フリーダム
  • 別れさせ工作
  • 別れ工作
  • 復縁工作
  • 出会い・お付き合い工作
  • 養育実績工作
  • ビジネス工作
  • 豊富な経験、確かな実績 完全成果報酬制の導入 安心と信頼の別れさせ屋フリーダム
  • 別れさせ工作
  • 別れ工作
  • 復縁工作
  • 出会い・お付き合い工作
  • 養育実績工作
  • ビジネス工作

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル
お問い合わせメールフォーム
トップページ 別れさせ工作 別れ工作 復縁工作 出会い・お付き合い工作 養育実績工作 ビジネス工作 工作難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ 工作可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム調査員コラム

対象者の容姿や服装による調査難度について

■別れさせ屋フリーダム所属調査員K

別れさせ屋と言えば別れさせ工作を初めとした恋愛工作や特殊工作ですが、その工作作業に入る前には、多くのご依頼において私たち調査員による「事前調査」が行われます。

別れさせ屋という業種で見ますと、やはり仕事の中心は工作員となります。 そのため、興信所や探偵事務所とは違って裏方とも言える調査員ですが、実際には別れさせ屋に所属する調査員の能力とそれによる行動調査の成否は、その後の工作に多大な影響を与えています。

また、別れさせ屋へのご依頼の中には、復縁工作や出会い工作において「偶然を装って対象者と再会することができればそれでいい。」という、実際には復縁工作や出会い工作を行わない「対象者の行動調査だけとなるご依頼」があり、調査員の能力とそれによる行動調査の成否が、そのまま工作の成否を決定付けるケースもございます。

今回はそういった別れさせ屋の事前調査(一般的な興信所や探偵事務所での浮気調査や行動調査も含む)において、「対象者の容姿や服装によって変化する調査難度」というものについてコラムを書かせていただきます。

対象者の容姿で変わる興信所や別れさせ屋の調査難易度

簡単に言ってしまえば、「個性的な容姿」「個性的な服装」の対象者の方が調査は簡単であり、「没個性的な容姿」「没個性的な服装」の対象者の方が調査は難しくなります。

個性的な容姿とは「痩せている」「太っている」「身長がかなり高い」「身長がかなり低い」ですとか、「今どき珍しいくらいの金髪」といった一目で分かるようなもの以外にも、意外と分かりやすい個性に入る場合もあるものとして「肩幅が広い、狭い」「目鼻の特徴」「歩き方」というものもございます。

耳や歩行で個人の特定ができるという余談

余談ですが、人の顔において最も個性的なパーツは「耳」と言われております。

探偵や別れさせ屋の調査員が張り込みをしたり、尾行したりする距離ではほとんど判別することのできないものですが、耳の形はカーブや突起などが人それぞれ違っており、その中でも特に耳輪と呼ばれる外耳の周辺部の内側で丸まっている部分は個人の特徴が顕著にあらわれるそうです。 耳生態認証の先駆者である、イギリスのサウサンプトン大学のマーク・ニクソン教授は、1999年に耳が視覚生態認証機能を持つことを証明しています。 マーク・ニクソン教授たちが行った実験では、耳の形から252人中1人の人物を特定する際、正解率は99.6%にのぼった(99.6%の識別ができた)そうです。

なお、「歩行」についても24の要素を調べれば個人を特定することが可能である、という話もあり、既に「歩容解析(歩容鑑定)」によって解決した事件もあると言われております。

個性的な服装と没個性的な服装

さて、話を戻しまして、次は個性的な服装です。

これは簡単に言える部分がございまして、私服は個人の趣味などが出ることから個性的な服装であることが多く、出退勤時の服装がスーツのサラリーマンやOLは没個性的な服装が多くなります。 つまり、着用する服装の問題から、対象者の休日に調査する方が調査難易度が低いことが多く、対象者の平日に調査する方が調査難度が高い、対象者がサラリーマンの場合は調査難度が高いことが多く、自営業や専業主婦の方が調査難度が低いことが多い、対象者の自宅から調査するほうが調査難易度が低いことが多く、対象者の勤務先から調査する方が調査難易度が高いことが多い、ともいえるのです。

私服の場合は趣味などが出やすいので「いつも黒い服やモノトーン」「綺麗目の服なのに動きやすさを重視しているのか靴がスニーカーでアンバランス」「夏季はポロシャツばかり」などかなり個性が出ている対象者の場合もありますし、それ以外にも鞄や靴などあまり変わらない部分に注目することによって個人が特定しやすくなります。 特にいつも同じ鞄、同じ靴という対象者は、数回の調査でそれに気づいてさえしまえば調査難度はぐっと低下します。

逆に、没個性的な服装になりやすいサラリーマンの出退勤時の調査は、服装による対象者の判別はかなり困難になってしまいます。 中には特徴的な鞄や靴を使用している対象者もいますが、決して多いケースではございません。 そのため、基本的には顔や身長、体格や肩幅で判別することになります。

とある季節的ならではの服装が調査難度を跳ね上げる

また、実は夏季と冬季では、とある理由から冬季の方が難しくなりがちです。

その理由とは、冬季は出退勤時に「マスクを着用する人が多い」ということです。 そのため、冬季になるとサラリーマンの出退勤時は没個性的な服装であるスーツの着用に加え、対象者を判別するための顔までもが、マスクの着用によって半分くらいは隠れてしまうということが起こります。

つまり夏季と比較すると冬季の場合は、「対象者のマスク着用」という理由から、別れさせ屋の事前調査、興信所や探偵の浮気調査や行動調査の難易度が跳ねあがってしまう可能性があり、経験の少ない調査員、能力の低い調査員の場合には、張り込み時に対象者を見落としてしまったり、尾行時に途中で見失ってしまったりということが起きやすくなります。

容姿や服装は平日と休日、季節で変わり、合わせて難易度も変わる

このように、平日と休日、夏季と冬季などの季節によっても対象者の服装が変わることから、「対象者の容姿や服装による調査難度」は、「対象者の平日と休日、季節などによる調査難度」とも言えるのです。

別れさせ屋や興信所、探偵に依頼を考えている方で、「事前調査や浮気調査、行動調査の失敗確率を少しでも減らしたい!」という方は、こういったことも計算に入れ、できる限り冬季を外したご依頼をお勧めいたします。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル
お問い合わせメールフォーム

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
Copyright © 2007-2018 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved