別れさせ屋フリーダム

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
  • 豊富な経験、確かな実績 完全成果報酬制の導入 安心と信頼の別れさせ屋フリーダム
  • 別れさせ工作
  • 別れ工作
  • 復縁工作
  • 出会い・お付き合い工作
  • 養育実績工作
  • ビジネス工作
  • 豊富な経験、確かな実績 完全成果報酬制の導入 安心と信頼の別れさせ屋フリーダム
  • 別れさせ工作
  • 別れ工作
  • 復縁工作
  • 出会い・お付き合い工作
  • 養育実績工作
  • ビジネス工作

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル
お問い合わせメールフォーム
トップページ 別れさせ工作 別れ工作 復縁工作 出会い・お付き合い工作 養育実績工作 ビジネス工作 工作難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ 工作可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム調査員コラム

共同親権制度の導入に関する議論

■別れさせ屋フリーダム所属調査員N

別れさせ屋フリーダムは数年前に、業界初として「養育実績工作」をご提案いたしました。 これは別れ工作から派生した特殊工作となっており、「離婚は決まっているが親権をどうしても譲りたくない。」「配偶者による子供の連れ去りが怖い。」といったお悩みとその解決に対してより特化した特殊工作となっています。

そもそもこういったお悩みの原因は、日本が採用している、離婚した父母の一方のみを子どもの親権者とする「単独親権制度」において、ほとんど父親が親権を持てていないということにあります。 平成25年度の司法統計では、離婚が決定した夫婦において、父親が親権を持ったケースは1899件、母親が親権を持ったケースは18740件となっており、過去の判例を見る限りでは、母親が親権を得たケースが全体の9割にも上っているのです。

単独親権制度に関する訴訟

そういった状況に納得できず、ある父親が「子から一方の親を奪う単独親権制度は人権侵害で、憲法違反だ。」として最高裁に上告いたしました。

離婚しても双方に親権を 「憲法違反」父が最高裁に上告(朝日新聞デジタル)

高裁判決は単純に共同親権ではないという理由で違憲とはいえない」などとして控訴を棄却したようですが、男性は迷わず上告しており、最高裁がこれまでに単独親権制度の違憲性について判断を示したことはないこともあって、最高裁がどういった判断をするかに注目が集まっております。

「夫婦ではいられないが、子供のためにも親としてはありたい。」という考えを持つ方は数多くいらっしゃいます。 そういった方が離婚時の親権問題で悩み、弊社のような別れさせ屋にすら助けを求めてくることがあるという現状を考えますと、個人的には今の男性差別とも言える判断の多さと単独親権制度の問題については改善を考えていただきたいと思います。

別れさせ屋フリーダムにおける離婚と親権に関するご相談

離婚後に夫婦双方が納得し、子供の意思を尊重して自由に両親に会えるようにするケースもありますが、こういったケースは非常に稀です。

別れさせ屋フリーダムでよくいただく離婚と親権に関するご相談としましては、「不倫(浮気)をした妻に親権を奪われそうで納得できない。」というものが非常に多くなっておりますが、何故このようなご相談が多いのかと申しますと、「不倫(浮気)をしたこと自体は直接考慮されない。」ということが理由となっております。

親権については、夫婦間の話し合いで決着がつかない場合には、家庭裁判所調査官の調査を経て、裁判官が「父母の事情(子への愛情や経済力)、子供の事情(子供自身の意思や気持ち・年齢)、継続性の原則、母性優先の原則という事情、原則」から判断するのです。

法的には上記のようになっているわけですが、不倫や浮気をされた側の心情としてはこれは許せるものではありません。 そのため弊社フリーダムのような別れさせ屋に、親権問題の絡んだ別れ工作などのご相談が寄せられているのです。

別れさせ屋フリーダムの考え

仮に単独親権制度が違憲となり、今後共同親権制度へと変わっていくようであればそれは良いことであると思います。

別れさせ屋フリーダムとしては養育実績工作というサービスの需要が無くなるわけですが、これは現在の親権制度の問題点が基本にある対策サービスであり、問題が解決されるのであればそれがベストであることは間違いありません。

数年前までは、別れさせ屋にはストーカー問題の解決や対策に関するご相談も多くありましたが、これについても改正ストーカー規制法の施行によって警察の動きが迅速になることによって問題の多くが解決され、ご相談は大きく減ることになりました。

別れさせ屋フリーダムは、公的な機関に頼ることで問題が解決されるのであれば、高額な上に詐欺などのリスクも多い怪しげな別れさせ屋業界などに相談したり依頼をする必要はないと考えております。 どのようなケースにおいても、別れさせ屋は「最終手段」とお考え下さい。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル
お問い合わせメールフォーム

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
Copyright © 2007-2018 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved