別れさせ屋フリーダム

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!
トップページ 別れさせたいお悩みの解決 別れたいお悩みの解決 復縁したいお悩みの解決 出会いや交際に関するお悩みの解決 結婚に関するお悩みの解決 養育実績に関するお悩みの解決 ビジネスに関するお悩みの解決 難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ サービス提供可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

確実に役に立つ!別れさせ屋の選び方

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム調査員コラム

尾行が難しい場所と状況

■別れさせ屋フリーダム所属調査員S

別れさせ屋フリーダム所属調査員と工作員によるコラム第3回担当の調査員Sでございます。

やはり、探偵(別れさせ屋の調査員)といえば尾行と張り込みです。 今回のコラムでは、そういった尾行について、別れさせ屋フリーダムで調査員をやっている私が「あーこれは尾行やりにくいなー。」と思う場所と状況について書きます。 なお、私は関東担当の調査員ですので都市部の話が多めとなります。

駅での乗り換えは、一瞬にして対象者を見失う危険あり

電車と駅は一瞬目を離しただけで尾行が失敗することも。

まず都市部で尾行を失敗しやすい場所と言えば、乗り換えの多い大きな駅です。

時間帯が出勤ラッシュ・帰宅ラッシュだとさらに難度が上がります。 出勤ラッシュ・帰宅ラッシュの時間帯においては、対象者のすぐ近くにいないと階段や乗り換えの際に人混みに捕まってしまい、一気に引き離されて見失ってしまうことがあります。

対象者に近いという状況は、どうしても顔を覚えられるリスクがあり、その場をしのいでも長期的には尾行の発覚に繋がる可能性があります。 そのため、できれば探偵(別れさせ屋の調査員)としては回避したいものあり、特に長期になりそうな案件であればなおさらです。 しかし、前述の出勤ラッシュ・帰宅ラッシュの時間帯においては、少し離れての尾行が尾行失敗を引き起こすこともあるので、押すべきところは押していく強気さも重要です。

どうしても対象者との距離が近くなるエレベーター

どうしても対象者と距離が近くなるエレベーター。

次に厄介なのがエレベーター。

これも一緒に乗り込むと至近距離で顔を覚えられる可能性があり、そこから尾行の発覚を促しますので、できれば探偵(別れさせ屋の調査員)としては対象者と乗り込むことは回避したいところ。 ですので、対象者1人でエレベーターに乗ったことが確認できれば、1人の探偵(別れさせ屋の調査員)がエスカレーターや階段で追っていき、もう1人の探偵(別れさせ屋の調査員)がエレベーターが停止した階(対象者が降りた階)を確認して連絡をするという形で追うこともあります。

しかし、大きな町のデパートなどでは対象者を含めて5、6人が乗り込むこともあります。 そういった場合は対象者の降りる階はわかりませんので、対象者以外の背に隠れたりとなるべく目立たない形で同乗します。

とにかく厄介、デパート

探偵的に厄介なことだらけのデパート。

そして別れさせ屋の調査員として働く私が、個人的に駅よりも厄介だと思う場所は、エレベーターのときにも触れたデパートです。

何が厄介かと言いますと、まず棚や柱、テナントを仕切る壁が多くて視界が悪い。 尾行がバレにくいのはいいのですが、追っているこちら側も対象者を見にくい。 それに加えて様々な出口が多い。 各テナントに3つくらいの出口があったり、さらにエスカレーターが数カ所、エレベーターが数カ所あるような場合があります。 探偵(別れさせ屋の調査員)が気付いていなかったり、想定していなかった出口から対象者が出て、そちら側にあるエスカレーターで降りられたら、もう尾行失敗です。 気付いたら対象者はいません。

都内でよくある、似たような施設としては、ドン・キホーテやヴィレッジ・バンガードも挙げられます。

店員さんの行動も危険

尾行におけるデパートの厄介さはこれに留まりません。 店員の行動も問題です。

やたらフレンドリーな服屋の店員さんいますよね。 服を選んでいる対象者が見える位置でウロウロしていたりすると、「あそこでずっと待ってる方、お友達(彼氏)さんですかー?」みたいなことを言われかねません。

こういった発言を対象者にされてしまうと、これはもう探偵(別れさせ屋の調査員)としては、尾行発覚に繋がる致命傷を負ってしまいます。

長時間居られないフロアの存在

まだデパートには厄介な点があります。

それは紳士服階・婦人服階など、異性が長時間いることが違和感となり、尾行の発覚に繋がってしまう場所が存在することです。 街中の服屋であれば出口が見える場所で待っていればいいのですが、デパートはフロア全体が紳士服階・婦人服階であったりします。

男性の探偵(別れさせ屋の調査員)だけで尾行していて、婦人服階、特に下着売り場あたりに行かれてしまうと、これはとても厳しい状況です。

さらに、対象者の行動も予測しにくい

探偵や別れさせ屋の調査員は常に対象者の行動を予測して動く。

まだまだデパートには尾行時の問題があります。 それは対象者の行動です。 デパートに行くと、狭い店内の様々なテナントをウロウロしてショッピングをしませんか?

これが問題です。 店を出て右にちょっと歩いたと思ったら急に振り向いて当初の左に歩き始める対象者。 おっと危ないと思って2歩追ったらまた急に振り向いて右に歩き始める。 こういうことがあります。

これを繰り返してしまうと、「あれ?この人振り向くといつもいるな。」と対象者に思わせてしまい、尾行発覚へと繋がります。

実はこれと同じ状況はデパート以外、駅や街中、公園でも起こります。 それは、対象者が友達や浮気相手などの知り合いと待ち合わせをしており、相手が先に到着しているという状況。 皆さんは、上記の状況で、待ち合わせ相手と電話をしながら「え?そっち?通り過ぎちゃったよ。戻るね。」と来た道を戻った経験はありませんか?

こういった動きの読めない状況は探偵(別れさせ屋の調査員)としては、非常に尾行がやりにくいものなのです。

尾行は意外と難しい

このように、探偵(別れさせ屋の調査員)には、様々な場所や状況でも尾行を行う技術と、対象者に尾行が発覚しない技術、そのような中で写真や動画を撮る技術が求められます。

誰にでもできそうに思えるかもしれませんが、バレないように、確実に人を追うというのは、簡単そうに思えて難しいものなのです。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-377-131 365日24時間対応、まずはお気軽にお問い合わせください。
WEBメールフォームでのご相談はこちらから。
別れさせ屋業界トップクラス!揺るぎない工作力。別れさせ屋フリーダムが選ばれ続ける理由についてはこちら!
増え続ける成功事例!これがプロです。別れさせ屋フリーダムの特殊工作成功事例についてはこちら!

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
© 2007-2021 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved