別れさせ屋フリーダム

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
  • 豊富な経験、確かな実績 完全成果報酬制の導入 安心と信頼の別れさせ屋フリーダム
  • 別れさせ工作
  • 別れ工作
  • 復縁工作
  • 出会い・お付き合い工作
  • 養育実績工作
  • ビジネス工作
  • 豊富な経験、確かな実績 完全成果報酬制の導入 安心と信頼の別れさせ屋フリーダム
  • 別れさせ工作
  • 別れ工作
  • 復縁工作
  • 出会い・お付き合い工作
  • 養育実績工作
  • ビジネス工作

別れさせ屋フリーダムの調査員・工作員によるコラム

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル
お問い合わせメールフォーム
弊社が選ばれる理由
別れさせ屋フリーダムの成功事例
トップページ 別れさせ工作 別れ工作 復縁工作 出会い・お付き合い工作 養育実績工作 ビジネス工作 工作難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ 工作可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ屋フリーダム工作員コラム

他社で失敗したことがあるというご相談に関して

■別れさせ屋フリーダム所属工作員T

多くの別れさせ屋と弊社フリーダムへのご相談やご依頼の多くは、「初めて別れさせ屋に相談や依頼をする。」といった方々からのものです。

「別れさせる」「別れる」「復縁する」「出会う」「お付き合いする」など、ご希望の内容が成功して、その後も問題が無ければ二度目の依頼は必要ありません。 また、仮に依頼が失敗してしまったとしても、別れさせ屋への依頼料金が数十万円から数百万円と高額なため、金銭的な問題から他の会社に変更して2度目の依頼がしにくいという理由もあります。

ただ、それでも「過去に一度、他社で失敗したことがあります。」という内容のご相談が定期的に弊社別れさせ屋フリーダムにも寄せられております。 二度目の別れさせ屋利用をご検討されている方も全くいないということはないのです。

コラム第96回は、そういった「他社で失敗したことがある。」というご相談に関して、別れさせ屋フリーダム所属工作員のTが書かせていただきます。

他社の失敗の理由は何なのか

世の中の多くの物事は、「以前の失敗」を「次の成功」に繋げることができます。 別れさせ屋の特殊恋愛工作においても同じことで、過去の失敗を次の成功に繋げることが可能です。

例えば、「対象者の警戒心が異常に高く、調査員の張り込みが発覚してしまった。」という失敗であれば、「数時間単位で調査員を交代させる。」などといった対策が取れますし、「ご依頼者様の不注意から別れさせ屋への相談メールを対象者に読まれてしまい、依頼が発覚してしまった。」ということであれば、「ご依頼者様がより慎重になられる。」「過去の依頼発覚という、その事実を踏まえた慎重な工作を行う。」などの対策を取ることが可能です。

次の依頼で成功させるためには、失敗したという事実よりも、「何故依頼した別れさせ屋は失敗してしまったのか。」という、「失敗した理由」を知ることが重要です。

別れさせ屋において、ありがちな失敗理由

先ほど「他社の失敗の理由は何なのか」という項目にて挙げさせていただいた失敗の理由例ですが、「対象者の警戒心が異常に高く、調査員の張り込みが発覚してしまった。」という前者は業者(別れさせ屋)側のミスによる失敗であり、「ご依頼者様の不注意から別れさせ屋への相談メールを対象者に読まれてしまい、依頼が発覚してしまった。」という後者はご依頼者様のミスによる失敗です。

このように、別れさせ屋への依頼失敗理由というものは、大別すると「業者の失敗」と「ご依頼者様の行動による失敗」があります。 ここからは、それぞれにおいてありがちな失敗理由をいくつか挙げさせていただきます。

業者(別れさせ屋)側による失敗理由

業者の失敗においてありがちなものは、「対象者に張り込みや尾行が発覚し、思う様に調査ができず、工作へと進めることができなかった。」「調査が発覚したことによって、警戒心が強くなってしまって工作ができなかった。」というものです。

「会社の規模が小さく調査員が不足しているために、毎日のように同じ調査員が長時間張り込みや尾行をしてしまった。」「男性調査員しかいないのに、女性下着売り場などで強引な尾行をしてしまった。」など、大抵は強引な張り込みや尾行を行ってしまったことが対象者への発覚を招いてしまいます。

他社に依頼した際に「対象者への張り込みや尾行の発覚で失敗した。」という場合には、他の会社に変更して、調査員の変更を行えば簡単に続行できる場合もありますが、以前の調査発覚によって対象者の警戒心が強くなってしまったために思うような調査を行うことができず、期間を空ける必要が生まれてしまうこともあります。

また、工作での失敗においては、「工作員が対象者と人間関係を築けなかった。」「対象者との人間関係を築くことはできたが、対象者の考えをご依頼者様の希望する方向へと誘導することが出来なかった。」といったものが多くなります。

ご依頼者様側の行動による失敗理由

ご依頼者様側の行動による失敗においてありがちなものですが、これはご相談時点での行動が失敗の原因となるものと、依頼後の行動が失敗の原因となるものの二つがあります。

ご相談時点での行動が失敗の原因になってしまうというものは、相談時に「何らかの理由(恥ずかしいなど)で、別れさせ屋側に意図的に伝えなかった情報がある。」「あやふやな情報を確定情報であるかのように業者に伝えてしまった。」「誤った情報を業者に伝えてしまい、早めの訂正もしなかった。」という、根本的な事前情報の不足やミスが、そのまま業者の提案や方針を誤らせるというものになります。

別れさせ屋に相談をされる際には、くれぐれも正確な情報を業者にお伝えいただくよう、お願い申し上げます。

次に、依頼後の行動が失敗の原因というものですが、これは「業者から伝えられた、本来知らないはずの情報をうっかり対象者に話してしまった。」「業者からの報告メールを対象者に見られてしまった。」といった、ご依頼者様の不注意が多くなっております。

メールなどのやり取りを対象者に見られてしまうというものは、ご依頼前のご相談時からあり得ることですので、対象者と同棲しているような場合には、くれぐれもご注意ください。

失敗理由の把握に関する大きな問題

しかし、この「失敗の理由」を知る、考える際に大きな問題があります。 それは同業から見ても、「多くの別れさせ屋の言うことが信用できない。」ということです。

別れさせ屋への依頼を検討し、少しでも業界について調べられた方ならお分かりかと思いますが、以前よりも少なくなったとは言え、未だに依頼を請けた後に調査や工作を行わない、詐欺業者が横行しております。

そのため、失敗の理由についても嘘を伝えられていることがあり、実際には過去に依頼をしていた別れさせ屋が、事前調査や特殊恋愛工作を「何もやっていなかった。」「ほとんどやっていなかった。」ということが失敗の理由であるということもあり得るのです。

先ほど「ご依頼者様側の行動による失敗理由」にて述べさせていただきましたが、誤った情報は工作の失敗に繋がることがあります。 次の成功に活かそうとして新たな業者に「過去の別れさせ屋で失敗した理由」を伝えたのに、その「失敗理由が間違っていた。」「嘘だった。」としたら、失敗が失敗に繋がってしまうという悲惨なこともあり得るのです。

弊社別れさせ屋フリーダムは、ご相談時に情報の正確性についてしっかりと確認をさせていただいております。 しかし、全ての別れさせ屋がそうであるとは言い切れませんので、ご相談者様、ご依頼者様も情報の正確性という点についてご注意ください。 最初の相談時点での情報の間違いが、最終的な別れさせ屋への依頼失敗に繋がることもあるのです。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル
お問い合わせメールフォーム
弊社が選ばれる理由
別れさせ屋フリーダムの成功事例

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
Copyright © 2007-2018 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved