別れさせ屋フリーダム

東京都公安委員会第30080047号
別れさせ屋フリーダム

お問い合わせは365日24時間対応

0120-377-131

業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
業界トップクラスの工作力!ご相談時で違いが分かります!
  • 豊富な経験、確かな実績 完全成果報酬制の導入 安心と信頼の別れさせ屋フリーダム
  • 別れさせ工作
  • 別れ工作
  • 復縁工作
  • 出会い・お付き合い工作
  • 養育実績工作
  • ビジネス工作
  • 豊富な経験、確かな実績 完全成果報酬制の導入 安心と信頼の別れさせ屋フリーダム
  • 別れさせ工作
  • 別れ工作
  • 復縁工作
  • 出会い・お付き合い工作
  • 養育実績工作
  • ビジネス工作

別れさせ屋フリーダムの成功事例

別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム
別れさせ屋フリーダム調査員・工作員コラム


別れさせ屋フリーダムの圧倒的内容提案力
恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル
お問い合わせメールフォーム
弊社が選ばれる理由
別れさせ屋フリーダムの成功事例
トップページ 別れさせ工作 別れ工作 復縁工作 出会い・お付き合い工作 養育実績工作 ビジネス工作 工作難易度に関わる事柄 お断りするご依頼 皆様へのお約束 弊社が選ばれる理由 各種料金プラン ご依頼完了までの流れ 工作可能地域 弊社の成功事例 よくあるご質問と回答 お問い合わせ 会社概要

別れさせ屋が何故高額なのか分かりやすくご説明します

完全成功報酬制とは

一部工作員のご紹介

日本全国のご依頼に対応可能

調査員・工作員コラム

別れさせ工作の成功事例

すぐにある程度の結果がほしい

■東京都・26歳女性からのご依頼

ご相談の概要

結婚を考えている彼氏が浮気をしているので、浮気相手と別れさせてほしい。 焦っているのでとにかく早急に「目に見える結果」というものが欲しい。 結果が出ないなら、すぐに別の別れさせ屋に変えたいと思う。

別れさせ工作担当相談員から一言

別れさせ屋が対象者に接触させる工作員は1人というイメージがあるかもしれませんが、場合によっては複数名を接触させることもございます。

対象者の思考を誘導させていくという面で考えますと、複数の工作員を用いた工作は効果的です。 しかし、いくら効果的であると言えど、複数名で複数回の工作を行うとなりますと、どうしても人件費の面から料金が高額になってしまいます。 そのため工作員が対象者と確実に接触ができると見込める日に効果的な工作を行っておきたいなど、ご依頼者様のご予算も踏まえた上で、要所で使用する手段となります。

特に複数名の工作員を用意したにも関わらず、接触すらできないとなりますとご依頼者様が別れさせ屋に支払う高額な料金が無駄になってしまいます。 つまり、複数名の工作員を動かす場合には、前提として綿密な事前調査による対象者の行動把握が必要となるのです。

今回ご紹介するケースでは実際に複数名の工作員を使用したわけですが、これは上記「ご相談の概要」に書かせていただいた、ご依頼者様の「目に見える結果」というご要望に対応するためであり、早急に浮気相手と工作員の連絡先を交換する必要があったのです。

とはいえ、序盤にご説明させていただきましたとおり、複数名の工作員は雑に動かせるものではございません。 そのため、まずは別れさせ工作の対象者(ご依頼者様の彼氏の浮気相手の女性)の行動を綿密に調査いたしました。

ご依頼内容と成功条件

彼氏とその浮気相手を別れさせる。

また、別れた後も復縁しないよう、ある程度の期間様子を見て「彼氏と浮気相手は完全に別れた」ということを別れさせ屋フリーダムとご依頼者様の双方で確認する。

事前調査および別れさせ工作とその結果

弊社別れさせ屋フリーダムが行った事前調査の結果、対象者には定期的に通っているバーがございましたので、そこで対象者に工作員を接触させることとしました。 調査員を対象者宅付近に待機させ、対象者が最寄り駅から前述のバーに向かうと思われた時点で2人の男性工作員を動かしました。 後述いたしますが、「2人」であることには意味がございます。

男性工作員2人は前述のバー付近で待機し、対象者がバーに入ると後を追う形でバーに入ります。 ここで連絡先の交換を図るわけですが、実は別れさせ屋フリーダムは、このバーについても事前調査を行っております。

ドラマなどのイメージで、バーではナンパがしやすいといったイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、全てのバーがそうであるとは限りません。 バーに来たお客さん同士のトラブルを避けるため、マスターが異性への声かけを禁止しているようなところもございます。 弊社調査員が通っているバーではナンパ1回で出禁になるそうです。 そういった理由から、対象者に工作員が接触する際の第一ハードルは「バーのルール」であることが分かっておりましたので、バーについても事前調査を行ったというわけです。

問題があれば接触を図る場所としては不適格なため、別の場所を選定する必要がございましたが、問題がなかったためにこのバーで接触を図ることになったのです。

対象者がある程度のお酒を飲み、アルコールが回ってきたところで弊社別れさせ屋フリーダムの工作員2人が声をかけました。 アルコールには人を開放的な気分にさせる効果がございますので、素面のときよりも接触が成功しやすくなります。

実際に対象者と男性工作員2人の会話は弾みました。 しかしそれだけではご依頼者様の求める「目に見える結果」には至りません。 あくまでも今回の接触の目的は対象者と男性工作員の連絡先交換となりますが、ここで工作員が「2人」であることが活きてきます。

詐欺師がよく使うと言われるものですが、「ダブルバインド(二重拘束)」という人の心理を利用したものがございます。 このダブルバインドは恋愛にも使えるので別れさせ屋の工作員も使用するテクニックなのですが、今回のケースで言えば、連絡先を交換したいので「連絡先を交換しませんか?」と尋ねたいのですが、そうなると対象者側に「可(交換する)・否(交換しない)」の選択をさせることになります。

それでは単純確率で50パーセントの成功率になってしまいます。 そこでダブルバインドを利用し、「連絡先を交換するなら、俺とこいつのどっち?」という連絡先交換の前提を含ませたメッセージに変えてしまうのです。 そうすることによって対象者の頭の中から「連絡先を交換しない」という選択肢を無意識に除外させることができるのです。

さらに前提として男性工作員自体が一般男性平均レベルよりも魅力的ですし、また2人の男性工作員の雰囲気を違うものにしておくことによって対象者の好みに含まれる確率も上げてありました。 別れさせ屋フリーダムはご要望を伺った時点で、かなりの確率で連絡先交換ができると踏んでおりましたが、それにはこういった様々な理由と技術があるからなのです。

結果として、男性工作員1人が対象者と連絡先を交換することに成功し、ご依頼者様の望まれた「目に見える結果」をすぐにお出しすることができました。 この結果によってご依頼者様に別れさせ屋フリーダムを完全に信用していただき、連絡先の交換から数ヶ月でご依頼の「彼氏を浮気相手と別れさせる」ことにも成功いたしました。


恋愛問題を知り尽くしたプロがご提案

ご相談とお見積りは何度でも完全無料。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル
お問い合わせメールフォーム
弊社が選ばれる理由
別れさせ屋フリーダムの成功事例

恋愛問題の解決・恋愛進展のサポート
Copyright © 2007-2018 別れさせ屋フリーダム All Rights Reserved